中綴じ印刷で快適資料作り|ハっと捗る技術活用

印刷

中綴じ印刷の料金相場

中綴じ印刷の価格の仕組み

印刷

印刷業者に中綴じ印刷を発注するときには、その価格の仕組みついて知っておくと無駄な出費を抑えて、満足行く品質の印刷物を納品してもらえます。 中綴じ印刷の場合はどの印刷業者でも対応している印刷と綴じ方法のため、価格競争が激しい分野です。ほとんどの印刷業者では発注の部数によって割引を受けることが可能であり、例えば100部オフセット印刷で8,000千円から20,000円前後がよく見られる中綴じ印刷の価格ですが、これが1,000部の印刷となると40,000万円から20,000万円あたりの価格帯が多いことからも分かるように、一度の発注部数が多いと大幅に単価が下がるのが中綴じ印刷も含めた印刷の料金の特徴です。 これ以外にも納品の営業日数や箔押しなどの特殊加工、用紙の種類など様々なファクターが中綴じ印刷の値段に影響します。

平均的な印刷料金の相場

印刷会社への発注はその特徴として、発注部数による大幅な値引きが大きく平均的な中綴じ印刷の相場に影響を与えます。このため相場を考慮するには、発注部数に応じたそれぞれの相場を理解しておくことが重要です。その上で他の加工オプションや納品に必要な営業日なども考慮して料金と相場とを比較判断します。 例えば1,000部の中綴じ印刷を冊子やカタログで行う場合は、相場は45,000円から20,000円あたりとなります。これが10倍の10,000部の発注ならば、100,000円から80,000円程度が料金相場となります。 このように一度の発注部数によって相場はそれぞれ変化する事を踏まえた上で、他の必要経費も含めて料金判断するのが賢い相場判断です。