中綴じ印刷で快適資料作り|ハっと捗る技術活用

印刷

綺麗な仕上がり

中綴じは印刷会社が最適

印刷

書籍や冊子の綴じ方には復数の種類があり、その1つの方法が中綴じと呼ばれるもので、最もよく用いられる綴じ方の1つとなっています。具体的には紙の2つ折り目の部分に針金などの金属を用いて綴じる方法となります。しかしこの綴じ方は個人で行うととても手間が掛かる上に出来栄えも難が生じる事が多いので、印刷業者を利用して中綴じ印刷をしてもらうのが一般的です。 中綴じ印刷は極めてポピュラーな製本の方法のため、印刷会社ならばどの会社でも対応しています。そのため印刷会社に依頼をするときには、中綴じ印刷の料金や仕上げ具合、オプション加工やその他のサービスについても着目してから選ぶのが良い方法です。 また中綴じ印刷は発注する部数によっても料金が大きく変わるので、依頼の前に確認しておきたいところです。

大量発注でコストダウン

印刷会社に中綴じ印刷をするときに、気になるのがその価格です。中綴じ印刷の単価を安くするためには、大量発注を行うのが賢い手段です。必要に分けて数回ごとに印刷を行うよりも、先の需要を見越してまとめて印刷を大量発注することで大きく単価を下げることができます。 大量発注が難しいケースならば、ある程度品質を落とすのも賢く現実的なコスト削減手段です。中綴じ印刷の製本ならば表紙をハードカバーからソフトカバーに替えたり、箔押しやホログラムといった費用が高くなる加工を辞めるといった手段があります。 また少部数の中綴じ印刷の際は、印刷方法をオフセットからオンデマンドに切り替えるとコスト削減に繋がることもあるので、知っておくと役立ちます。